IT

Vidyoや介護支援ソフトを駆使してコスト削減を目指す

離れた場所から操作

会議

違うパソコンから操作を行える遠隔操作ソフトはとても便利です。なお、セキュリティ面についても見直すことが必要になるので、導入する場合はこれらのリスクについてよく把握しておくことが重要であると言えます。

もっと読む

手助けを行ってくれる

男女

どんなサービスがあるのか

介護支援ソフトでは、主にアセスメントや介護計画書などの機能が備えられているのが一般的です。 給付管理などの請求業務も出来ますので、居宅介護では大きな力を発揮してくれます。 こうした介護支援ソフトというのは、実際に使用してみないとその利便さというのはなかなか実感できません。 また、介護支援ソフトの種類によっては、欲している機能と搭載されている機能との間にズレが生じていることも少なくないのです。 そこでお試し版の介護支援ソフトを、無料で提供するサービスを行っているところは多いのです。 便利な使用の仕方についてなども、アドバイスを行っているところもあります。 更には要望や事業内容、規模などに応じてシステムを構成するといったことを行っているところもあるのです。また事業所が各地に点在している場合、Vidyoなどのクラウド型ビデオ会議システムなどを取り入れると離れていてもやり取りがスムーズに行えます。Vidyoはビデオ会議システムを初めて利用する人でも直感的に操作できるように開発されているので使いやすく、HD画質でハッキリ離れている相手とコミュニケーションを取ることができます。このように最新のシステムを導入することでより効率よくビジネスができるようになります。

介護支援ソフトにはどんなものがあるのか

介護支援ソフトというのは、その名前の通り介護に関する業務を支援するためのソフトです。 ですので介護に関係する様々な機能が搭載されているのです。 例えば給付管理や介護計画などに関する業務に特化したものであったり、ケアネジメント業務に特化していたり。 他にも障害者総合支援や介護保険、移動保険などの請求に特化したタイプのものも存在しています。 このようにそのソフトによって特徴があるため、必要な機能が搭載されているものを選ぶことが出来るようになっているわけです。 また、このような機能の殆どを搭載しているタイプのものも存在しています。 ですので多数の機能を必要としている場合などは、こうした総合的な介護支援ソフトが役に立ってくれるのです。

改善を取り入れる

システム

障害者のサポート計画を立ててくれる介護ソフトは、多くの施設で導入されています。また、より良いものになるために改善要望を取り入れている物もあるので、期待できるソフトであると言えるでしょう。

もっと読む

簡単に使用できる

女の人

介護請求ソフトでは、簡単に操作が出来るようになっているので、パソコンに余り慣れていない人でも、すぐに使いこなせる事が出来ます。また、無料体験期間も設けてくれるので、じっくり使ってから導入を決められます。

もっと読む