簡単に使用できる|Vidyoや介護支援ソフトを駆使してコスト削減を目指す
男性

Vidyoや介護支援ソフトを駆使してコスト削減を目指す

簡単に使用できる

女の人

介護報酬の請求ソフトを快適に利用する方法

介護請求ソフトを快適に利用するには、パソコンが苦手な事務員でも、直感的で簡単な操作で使えるソフトを選ぶことが大切です。分厚いマニュアルを読まないと操作できないような介護請求ソフトは、社員教育に時間と労力がかかりますし、使い勝手も良くありません。 使用中に不明な点が発生した時には、カスタマーセンターに連絡できるソフトを利用すると、電話や遠隔操作で操作方法の指導が受けられます。このようなサポート体制が充実している介護請求ソフトを使用すると、導入後も安心して使用できます。 介護保険制度は、料率等が頻繁に改正されます。介護保険制度の改正に伴ってアップデートやバージョンアップができる介護請求ソフトを使用すると、末永く使用することができます。

介護請求ソフトの平均的な価格

介護請求ソフトの価格は、5万円から10万円程度が平均的な価格になります。介護請求ソフトは実際に使用してみないことには使い勝手がわからないため、多くのソフトは、無料体験期間を設定しています。 無料体験期間は、1週間から1ヶ月程度の期間を設定している場合が多いです。無料体験期間が終了すると、本製品を購入することになります。使い勝手が良くなかった時には、無料体験期間で使用を中止することもできます。この場合は費用は一切かかりません。 少しでも安く介護請求ソフトを買いたい場合には、ネット通販を利用すると、安い値段で購入することができます。ネット通販で購入すると、通常のパッケージ版だけでなく、価格の安いダウンロード版の購入も可能です。